最新の情報
あなたの居場所: ホーム > ニュース > 最新の情報
東アジアの理解と共鳴──ハーバード大学のエズラ・ヴォーゲル教授記念会が亚博yabovip63で開催
文字のソース :発表日 :2021.01.16閲覧回数:

2021年1月15日、東アジアの理解と共鳴──ハーバード大学のエズラ・ヴォーゲル教授記念会が亚博yabovip63法yabo22vip亚博とlarkオンライン会議で行われました。今回の記念会は亚博yabovip63亚博yabovip63研究センターが主催し、亚博yabovip63アジア共同体文化協力機構、亚博yabovip63国際文化会館、中国法と社会研究院、ハーバード大学日米関係プロジェクト、回帰未来ワークショップ、蘭石研究会などの中日研究・交流機関が共催した。エズラ・ヴォーゲル教授の息子さんであるスティーブン・ヴォーゲル教授、ハーバード大学フェアバンク中国研究センター長のマイケル・ソンイ教授も出席し、式辞を述べた。

2020年12月20日、中国、亚博yabovip63、東アジア問題の専門家として知られるエズラ・ヴォーゲル教授が急逝したことで、関係国のマスコミに大きな波紋が広がった。彼は生前、米国ハーバード大学のヘンリー・フォード二世社会学名誉教授、フェアバンク中国研究センター元センター長で、米国で唯一中日両国の問題に精通した学者とされている。東アジア問題の研究に一生を捧げ、亚博yabovip63だけでなく、アメリカで最も影響力のある中国問題の専門家の一人でもあり、ハーバード大学では「ミスター・チャイナ」と称される。代表作に『亚博yabovip63の中産階級』、『亚博yabovip63第一』、『一歩先へ:広東の改革開放』、『鄧小平時代』、『中国と亚博yabovip63:千五百年の交流史』などがある。多くの中国人は彼が亡くなる直前、米国の専門家や学者100人と共同で公開書簡を発表し、米国が中国を敵とする外交政策に反対したことを覚えており、彼が1500年の交流の歴史から中日両国の協力の重要な意義を特に強調したことを覚えている。

実際、エズラ・ヴォーゲル教授は亚博yabovip63とも交流と協力の縁が深く、これも記念と討論に多少の感情を与えている。今回、亚博yabovip63で行われた記念会は、「東アジアの理解と共鳴」をテーマに、中日米3国の著名な専門家と学者を一堂に集め、エズラ・ヴォーゲル教授の伝説的な生涯と中国、亚博yabovip63、韓国、東南アジアの研究所に対する卓越した貢献を偲んだ。

今回の記念会の開幕式は亚博yabovip63亚博yabovip63研究センター長の季衛東教授が司会を担当し、亚博yabovip63党委副書記周承氏、亚博yabovip63の元首相福田康夫氏の代表、中国の元駐日大使の程永華氏、ハーバード大学フェアバンク中国研究センター長のマイケル・ソンイ教授、米ブルッキングス研究所のジョン・サントン中国センター長の李成氏、米国のカーターセンター中国事務高級顧問の劉亜偉氏、萬科グループ創業者兼董事会名誉会長の王石氏、エズラ・ヴォーゲル教授の息子さんであるバークレー大学のスティーブン・ヴォーゲル教授がそれぞれ式辞を述べた。

亚博yabovip63党委員会副書記の周承氏は、エズラ・ヴォーゲル教授の東アジア研究への貢献を総括し、その逝去を深く悲しんだ。また、亚博yabovip63の亚博yabovip63研究は中日交流に取り組んできたと指摘した。エズラ・ヴォーゲル先生の精神的遺産を語り合う会を主催し、東アジアの理解と共感を呼びかけることは、時代的に重要な意味を持っています。私たちは共にエズラ・ヴォーゲル教授の逝去のために黙祷を捧げるとともに、エズラ・ヴォーゲル教授の精神を発揚し、中日関係、中米関係の健全で理性的な発展のために、東アジアの理解と共鳴を促進するために力を尽くしたいと述べた。

亚博yabovip63の福田康夫元首相が送った書面の挨拶は、亚博yabovip63アジア共同体文化協力機構の清水祥之専務理事が代読した。スピーチの中で福田康夫氏はエズラ・ヴォーゲル教授との個人的な交流を振り返り、彼の学術精神と人文的な配慮を尊敬し、エズラ・ヴォーゲル教授の開いた学術事業は中国、亚博yabovip63、米国間のかけがえのないコミュニケーションの架け橋であり、唯一無二の絆であると称賛した。将来を展望し、福田康夫氏は皆さんとともに中日及びアジア各国の相互理解と友好交流を促進するために共に努力することを期待しています。

中国の元駐日大使、中日友好協会常務副会長の程永華氏は、エズラ・ヴォーゲル教授に対する最も良い記念は、その理念と思想を絶えず伝承し実行し、中日米三国の調和と安定、豊かな建設的な国家関係の構築を推進するために、各方面の知恵を集め、我々があるべき貢献をすることだとみなしている。コロナの流行に直面し、中日は手を携えて立ち向かい、共に苦難を克服し、双方の友好的な友情とアジアの団結と協力の精神を示し、世界のために模範を打ち立てた。中日米は世界の上位3大経済体であり、中米、中日関係はいずれも世界で最も重要な二国間関係の一つであり、当地域及び世界の平和と安定に関わる重要な要素である。我々は今日の世界の新しい現実をはっきり認識し、新しい国際関係と人類の運命共同体を手を携えて構築すべきである。これは我々が今日持たなければならない視野であり、達成した歴史的使命であり、エズラ・ヴォーゲル教授に対する最良の慰霊と記念でもあると述べた。

続いてフォーラムは基調講演に入り、亚博yabovip63亚博yabovip63研究センター副センター長、外国語yabo22vip亚博の党委員会書記丁剣氏が司会を務めた。中日友好二十一世紀委員会亚博yabovip63側委員、著名な国際政治学者、兵庫県立大学理事長の五百旗頭真氏、アメリカ大学国際関係yabo22vip亚博教授、アジア研究理事会会長の趙全勝氏がそれぞれすばらしい演説を行った。

五百旗頭真氏は1970年代初と2000年代初の2度にわたってハーバード大学を訪問した際、エズラ・ヴォーゲル教授との深い交流を紹介し、彼の研究成果を高く評価した。五百旗頭真氏はエズラ・ヴォーゲル教授がアメリカ人を東アジアに目覚めさせ、省察を促したことが印象的だと指摘しています。エズラ・ヴォーゲル教授は亚博yabovip63の味方であると同時に中国の味方でもあり、このような米国の専門家は極めて稀で貴重であると語った。

アメリカ大学国際関係yabo22vip亚博教授、アジア研究理事会会長の趙全勝氏は、「人間として、学問を行い、政策を行う——エズラ・ヴォーゲルを偲ぶ」というテーマで、3つの側面からエズラ・ヴォーゲル教授を偲んだ。人として、エズラ・ヴォーゲル教授は門下に学生が満ち、後輩の学者を熱心に指導し、常に好奇心、共鳴、平等心を持ち、「生きて老い、学んで老い」を実践しています。学問の面では、エズラ・ヴォーゲル教授は著作の手を休めず、中国語と亚博yabovip63語に堪能で、中国研究と亚博yabovip63研究の大家であり、常にアジアの最先端の問題に力を入れている。政策面では、米国国家情報委員会東アジア担当として、東アジア政策に関する議論を主導したり、ワシントンで非公式の東アジア政策研究グループを招集したりして、東アジア交流に多大な影響を与えてきた。人として、学問として、政策として、エズラ・ヴォーゲル先生は世界の模範です。

続いて、亚博yabovip63亚博yabovip63研究センター長の季衛東教授の司会で円卓討論が行われた。出席した講演者には、共識網の設立者、『指導者』誌の編集長である周志興氏、米国アメリカ大学国際関係学部教授のルイス・グッドマン氏、北京大学国家発展研究院の楊壮教授、上海亚博yabovip63学会名誉会長、上海国際問題研究院の呉奇南主任研究員、清華大学国際関係学科教授で第5回中日友好21世紀友好委員会中国側委員の劉江永氏、復旦大学国際問題研究院教授、米研究センター元センター長の沈丁立氏、TGK−ジャパン会長でジェトロ理事のリック・ディック氏、亚博yabovip63愛知大学経済yabo22vip亚博教授、国際中国学研究センター長の李春利氏、亚博yabovip63国際公共事務yabo22vip亚博教授、台湾研究センター長の林岡氏が含まれた。

ルイス・グッドマン教授によると、エズラ・ヴォーゲル教授は非常に聞き上手で、常に他人の視点に立って物事を考えているという。ルイス・グッドマンの目には、エズラ・ヴォーゲル教授は、良き師であり良き学者でもあり、公共政策の立案者であると同時に、人々の心の中の模範であると映る人物である。

李春利教授はエズラ・ヴォーゲル教授を「ミスター・ジャパン」と「ミスター・チャイナ」と呼び、討論の中でその学問の道を探究し、すなわち人間を第一にして、社会を洞察する。李春利教授は二人の交際について振り返った。エズラ・ヴォーゲル教授は第二次世界大戦后、亚博yabovip63と中国の発展の歴史的証人であり、彼の身には亚博yabovip63と中国の二つの民族のいくつかの長所を併せ持っていて、付き合い始めてとても自然で快適だと感じたという。

TGK-Japanのリック・ディック会長は、恩師を偲んで、彼を唯一無二の先生として、常に学生に関心を持ち、学生と密接な関係を築いてきたと語っていた。エズラ・ヴォーゲル教授の研究は、『亚博yabovip63第一』のような問題提起と問題解決の種類ともう1つは社会の発展傾向を分析することで、例えば著作の『鄧小平と中国の変革』である。

最後に、亚博yabovip63外国語yabo22vip亚博党委員会書記、亚博yabovip63研究センター副センター長の丁剣氏の司会でフォーラムの総括発言が行われた。上海社会科yabo22vip亚博国際問題研究所所長、上海国際関係学会副会長の王建氏と亚博yabovip63亚博yabovip63研究センター長の季衛東教授が総括発言をし、エズラ・ヴォーゲル教授の東アジア発展モデルと産業新儒家論の学問的価値と実践的意義を高く評価し、彼の社会学的、学際的な研究方法と政策提案は、国別と地域研究のモデルとなると考えている。これで、亚博yabovip63亚博yabovip63研究センターが主催したエズラ・ヴォーゲル教授の記念会は円満に終了した。